神奈川県小田原駅西口店|金券自販機アクセスステーション:金券自販機 アクセスステーションのWebサイトです。

設置場所募集 自動販売機を設置しませんか? 空きスペースを有効利用

金券自販機アクセスステーション

神奈川県|金券自販機アクセスステーション

小田原駅西口店

住所

〒250-0045
小田原市城山1-4-1

小田原駅西口 徒歩30秒
1階ファミリーマートの前

緊急連絡先

042-772-3916

営業時間

24時間 年中無休

取扱品目
新幹線
小田原発着新幹線--
切符
JR線小田原発着東京メトロ京成線
小田急線株優小田急線小田急線ロマンスカー
交通株優
JR東日本株優--
プリペイドカード
クオカード--
レジャー券
東京ディズニーリゾート
パスポート
箱根レジャー券ユネッサン
映画券--

町(神奈川県 小田原市)の豆知識

小田原市

小田原市(おだわらし)は、神奈川県西部の市である。国から特例市に指定されている。

  • 目次
  • 1 概要
  • 2 地理
  • 3 歴史
  • 4 市以外の行政機関
  • 5 産業
  • 6 施設
  • 7 交通

概要

戦国時代には後北条氏の城下町として栄えた。江戸時代には小田原藩の城下町、東海道小田原宿の宿場町として盛えた。箱根峠より東側の宿場町として、現在も箱根観光の拠点都市である。1876年(明治9年)4月17日までは、現在の神奈川県西部と静岡県伊豆半島を範囲とする足柄県の県庁所在地でもあった。西湘地域の中心的な都市である。

小田原ちょうちんとかまぼこの特産地として全国的に有名である。最近では小田原バーガーや小田原どんといったB級グルメ[要出典]を売り出している。

一時期は東京のベッドタウン化したとも言われたが、長期不況で人口動態が減少に転じた。一時は20万人を超えた人口も20万を割り込み、新幹線通勤定期代に対する補助制度を設けるなど人口確保のための政策を実施している(ただし、平成20年3月31日までに転入した対象者をもって新規受付は終了)。また駅周辺の再開発、および郊外での住宅、都市開発も少しずつ進んでいる。

地理

神奈川県のほぼ南西端に位置し、酒匂川の流れる足柄平野を中心に、東は大磯丘陵の南西端である曽我丘陵と呼ばれる丘陵に、西は箱根に連なる火山の外輪山の跡である山地となっている。南は相模湾に面し、遠浅の海に小漁港が点在している。

沖合いには、関東大震災の震源地となった相模トラフが伸びている為、地震対策に力が入れられている。

気候は太平洋側気候の地域で、四季を通じて温暖ではあるが、冬場は海側から風が吹き込む。

歴史

古代

先史時代の小田原の中里遺跡は、縄文人と渡来人が共存共栄した数少ない遺跡(地域)として知られ、人口比率は縄文人が多かったと考えられているが、他の地域と違い、点々と存在した渡来人のみの小規模の集落ではなく、縄文人と共存した大集落であった。また、縄文文化と渡来文化の境界の東端であったとも考えられ、日本の文化人類学や考古学において貴重な資料を提供している。

古代の相模国足下郡(あしがらのしものこおり)の地である。古名を「こゆるぎ」といい、「小由留木」「淘陵」などの字が宛てられた。「小田原」という地名は、「小由留木」の草書体を読み間違えたものという説がある。市内千代にあった千代廃寺は相模国国府とも足柄下郡郡衙の所在地といわれる。

中世

平安時代末期から鎌倉時代にかけて、平将門を討伐したことで有名な藤原秀郷の子孫・佐伯経範が1030年(長元3年)頃に秦野に移り住んで波多野氏を名乗った。後に支流として、松田氏・渋沢氏・河村氏・栢山氏・大友氏・沼田氏などが出て、相模西北部にその一族の勢力を伸ばす。現在の秦野市内、足柄上郡松田町・山北町、南足柄市、小田原市の一部。波多野城は一族の居館である。波多野城のあった田原の、その支城として「小田原」が設置されたと言う説もある。

平安時代の末期1180年(治承4年)に、蛭ヶ小島(伊豆国)で挙兵した源頼朝と平家方の大庭景親らとの、石橋山の戦いが行われた。

戦国時代

国時代には伊勢平氏流を称する北条早雲が小田原城を奪取し、その子孫である後北条氏は小田原城を中心に関東一円に台頭し、鎌倉府足利氏、関東管領上杉氏、常陸国守護佐竹氏、下野国国司宇都宮氏、その他関東八屋形に列せられた諸氏による当時の関東の統治体制を転覆した。なお、下野国守護小山氏は後北条氏により滅亡に追い込まれた。

近世

1590年(天正18年)、豊臣秀吉の小田原攻めによる後北条氏の滅亡と徳川家康の江戸入府によって、小田原は歴史の表舞台から姿を消す。家康が関東を治めるようになった後は、藤原北家宇都宮氏流・大久保氏が小田原に入った。

また後北条氏が滅亡するまで、皮革業に独占的な権益を持ち、関東一円のある一定の人々を支配し勢力を誇った小田原太郎左衛門の本拠地があった。後北条氏が発給した判物が現存している。

江戸時代

江戸時代には東国の要衝として、譜代大名を領主とする小田原藩が置かれ、小田原はその城下町となった。1686年(貞享3年)以降は代々大久保氏の城下町となった。城下町・小田原は東海道の沿線であり、小田原宿は箱根の山越えを控えた宿場として東海道五十三次中最大の規模を誇った。又、小田原郊外の栢山(かやま)は、農政家・二宮尊徳の生地として有名である。

近代

1871年(明治4年)8月29日の廃藩置県によって、小田原藩は小田原県となった。同年末の県合併により、相模川以西の旧相模国と旧伊豆国全域を管轄区域とする足柄県が設置され、県庁が小田原に置かれた。しかし1876年(明治9年)に足柄県は分割され、小田原を含む相模国部分は神奈川県に、伊豆国部分は静岡県となり、小田原は県庁所在地ではなくなった。神奈川県となった後に設置された支庁も、間もなく廃止されたが、1878年(明治11年)の郡区町村編制法によって足柄下郡が編制されると、足柄下郡の郡役所が小田原に置かれた。

東海道本線は当初、小田原~熱海~沼津間の急鋭地帯を避けるために現在の御殿場線経路で敷設された。その後、小田原経由の路線として、小田原馬車鉄道という馬車鉄道が1888年(明治21年)に開通したのを皮切りに、熱海線(現在の東海道本線)・小田原急行鉄道(現在の小田急電鉄)なども開通した。

1923年(大正12年)9月1日の関東大震災では、直下が震源地だったために激しい被害を受けた。1934年(昭和9年)の丹那トンネル開通で、東海道本線はやっと小田原市街地を通るようになった。この辺は吉村昭の小説『闇を裂く道』(文春文庫)に詳しい。1945年(昭和20年)8月15日、熊谷市と並び、太平洋戦争最後の空襲を受ける。戦後の1964年(昭和39年)には東海道新幹線も開通し、東京・横浜への所要時間も大きく縮んだ。

市以外の行政機関

国家機関
  • ・小田原税務署
  • ・小田原拘置支所
  • ・小田原少年院
  • ・関東農政局神奈川統計情報事務所小田原出張所
  • ・関東地方整備局横浜国道事務所小田原出張所
  • ・横浜地方検察庁小田原支部
  • ・小田原区検察庁
  • ・横浜地方法務局小田原支局
  • ・横浜保護観察所小田原駐在官事務所
  • ・小田原労働基準監督署
  • ・小田原公共職業安定所
神奈川県の機関
  • ・西湘地区行政センター
  • ・小田原警察署
  • ・小田原県税事務所
  • ・小田原児童相談所
  • ・小田原保健福祉事務所
  • ・温泉地学研究所
  • ・酒匂川下水道整備事務所
  • ・神奈川県産業技術総合研究所工芸技術センター
  • ・神奈川県広域水道企業団
  • ・神奈川県広域水道企業団曽我ポンプ場
  • ・酒匂川流域下水道扇町管理センター
  • ・酒匂川流域下水道酒匂管理センター
  • ・水産総合研究所相模湾試験場
  • ・農業総合研究所根府川試験場
  • ・西部漁港事務所
裁判所
  • ・横浜地方裁判所小田原支部
  • ・横浜家庭裁判所小田原支部
  • ・小田原簡易裁判所
土木
  • ・小田原土木事務所
  • ・国土交通省横浜国道工事小田原出張所
  • ・中日本高速道路株式会社東京支社小田原保全・サービスセンター
公庫
  • ・国民生活金融公庫小田原支店

産業

市内の主な企業
本社
・メガネスーパー
・和光ケミカル
・小田原機器
・小田急車両工業
・小田急箱根ホールディングス
・箱根登山鉄道
・さがみ信用金庫
・小田原第一信用組合
・日本インジェクタ
・鈴廣
・東華軒
・万葉倶楽部
・ちん里う本店
拠点
・ライオン(小田原工場)
・第一三共プロファーマ (小田原工場)
・第一三共ケミカルファーマ(小田原工場)
・日立グローバルストレージテクノロジーズ(小田原事業所)
・日立製作所(日立システムプラザ小田原)
・クボタ松下電工外装(小田原工場)
・クボタシーアイ(小田原工場)
・Meiji Seika ファルマ(小田原工場・バイオサイエンス研究所)
・国立印刷局(小田原工場・研究所)
・明治(研究本部)
・幸楽苑(小田原工場)
・日本たばこ産業(小田原工場)(2011年(平成23年)3月末に閉鎖予定)
・ミクニ(小田原事業所)
・富士フイルム(神奈川工場小田原サイト・記録メディア研究所)
・カネボウ化粧品(小田原工場・テクニカルセンター)
・YKK AP(神奈川工場)
・ジーエス・ユアサコーポレーション(小田原工場)
・大日本印刷(小田原工場)
・日本曹達(小田原研究所)
・三菱化学(小田原工場)
・共同印刷(小田原工場)
・ピーエス三菱(技術研究所)
・日本新薬(小田原総合製剤工場)
・ダイドーリミテッド(開発管理センター)
・アルフレッサ(神奈川物流センター)
・温暖な気候により、山地の斜面を利用したミカン栽培も盛んであったが、近年は減反政策がとられ、その代替産業として、橘地区に西湘テクノパークが造成された。
漁業
小田原漁港を代表とする漁港ではさまざまな魚が水揚げされることにより水産加工品の製造も盛んである。ことにかまぼこは小田原の特産品として各地に販路を広げている。
・石橋漁港
・米神漁港
・江之浦漁港
農業
・かながわ西湘農業協同組合
商業
小田原駅周辺
・有隣堂
・成城石井
・プラザ(旧ソニープラザ)
・ハックドラッグ
・タワーレコード
・十字屋
・ヴィレッジヴァンガード
・西友小田原店
・リブロ
・ドン・キホーテ
・箱根登山ベルジュ
鴨宮駅周辺
・イトーヨーカドー小田原店
・ロビンソン百貨店小田原店
・無印良品
・新星堂
・TOHOシネマズ
・小田原シティーモール(クレッセ・フレスポ)
・ユニクロ
・トイザらス
・ノジマ
・コロナワールド
・ヤマダ電機
・コジマ

施設

ホール・集会場
  • ・小田原市民会館大ホール/小ホール
  • ・小田原城下町ホール(仮)建設予定
  • ・小田原市立川東タウンセンターマロニエ
  • ・中央公民館
図書館
  • ・小田原市立図書館
  • ・小田原市立かもめ図書館
  • ・小田原市立マロニエ図書館
博物館
  • ・小田原市郷土文化館
  • ・小田原市郷土文化館別館 松永記念館
  • ・尊徳記念館
  • ・神奈川県立生命の星・地球博物館
  • ・小田原城歴史見聞館
美術館
  • ・小田原城ミューゼ
公民館
  • ・中央公民館
  • ・国府津公民館
医療施設
  • ・小田原市立病院
  • ・国立印刷局小田原病院
  • ・国立病院機構箱根病院
  • ・山近記念総合病院
  • ・杏林堂クリニック(林病院)
  • ・小田原循環器病院
  • ・間中病院
  • ・小澤病院
  • ・西湘病院
  • ・小林病院
  • ・丹羽病院
  • ・曽我病院
  • ・国府津病院
休日診療所
  • ・小田原市立保健センター

交通

古くより、交通の要衝として栄え、現在でも小田原駅は数多くの路線が乗り入れるターミナル駅である。80km離れた東京へは、新幹線・在来線・私鉄路線で結ばれている。なお、小田原市鴨宮は東海道新幹線の開業前に実験線(鴨宮モデル線区、現在は新幹線の路線の一部となっている)が建設された、新幹線発祥の地である。一方道路は近年整備が進んだものの、地理的に箱根や伊豆方面から、東京や横浜に向かう交通が市内で輻輳するため、行楽シーズンの休日は市内の各道路で大渋滞が発生することがある。

鉄道路線
  • ・中央駅:小田原駅
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
    ・東海道本線: - 国府津駅 - 鴨宮駅 - 小田原駅 - 早川駅 - 根府川駅 -
    ・国府津車両センター
    ・国府津運転区
  • 東海旅客鉄道(JR東海)
    ・東海道新幹線: - 小田原駅 -
    ・御殿場線: - 下曽我駅 - 国府津駅
  • 小田急電鉄
    ・小田原線: - 栢山駅 - 富水駅 - 螢田駅 - 足柄駅 - 小田原駅
    ・足柄電車区・足柄車掌区
  • 箱根登山鉄道
    ・鉄道線:小田原駅 - 箱根板橋駅 - 風祭駅 - 入生田駅 - 
  • 伊豆箱根鉄道
    ・大雄山線:小田原駅 - 緑町駅 - 井細田駅 - 五百羅漢駅 - 穴部駅 - 飯田岡駅 -

1956年(昭和31年)までは、路面電車として箱根登山鉄道の小田原市内線も存在した。また1896年(明治29年) - 1922年(大正11年)には、人車鉄道・軽便鉄道の豆相人車鉄道→熱海鉄道も熱海へ向かう路線を小田原を起点にして保有していた。

隣接・近隣都市への連絡
  • ・南足柄市 : 伊豆箱根鉄道大雄山線利用(大雄山駅)
  • ・箱根町 : 箱根登山鉄道利用(箱根湯本駅)
  • ・二宮町・湯河原町・真鶴町 : 東海道本線利用(二宮駅・湯河原駅・真鶴駅)
  • ・松田町・開成町 : 小田急小田原線利用(新松田駅・開成駅)
  • ・山北町・大井町 : 東海道本線国府津駅・小田急小田原線新松田駅乗換えで(山北駅・相模金子駅)
  • ・秦野市 : 小田急小田原線(秦野駅)
  • ・平塚市 : 東海道本線(平塚駅)
  • ・静岡県熱海市 : 東海道本線・東海道新幹線(熱海駅)
バス路線
  • ・箱根登山バス
  • ・伊豆箱根バス
  • ・富士急湘南バス
  • ・神奈川中央交通
高速道路・有料道路
  • ・小田原厚木道路(小田原東IC - 荻窪IC - 小田原西IC)
  • ・国道1号西湘バイパス(橘IC - 国府津IC - 小田原IC - 早川IC - 早川JCT - 小田原西IC - 箱根口IC、石橋IC)
  • ・小田原箱根道路(山崎IC - 箱根口IC)
  • ・国道1号箱根新道(小田原西IC)
  • ・箱根ターンパイク(小田原西IC)
  • ・国道135号真鶴道路(早川IC、石橋IC、早川口交差点)
一般国道
  • ・国道1号(東海道)
  • ・国道135号
  • ・国道138号
  • ・国道255号
  • ・国道271号
主要地方道
  • ・神奈川県道72号松田国府津線
  • ・神奈川県道73号小田原停車場線
  • ・神奈川県道74号小田原山北線
一般県道
  • ・神奈川県道709号中井羽根尾線
  • ・神奈川県道711号小田原松田線
  • ・神奈川県道714号栢山停車場曽我線
  • ・神奈川県道715号栢山停車場塚原線
  • ・神奈川県道716号成田下曽我停車場線
  • ・神奈川県道717号沼田国府津線(小田原環状道路)
  • ・神奈川県道718号鴨ノ宮停車場矢作線
  • ・神奈川県道719号鴨ノ宮停車場線
  • ・神奈川県道720号怒田開成小田原線
  • ・神奈川県道724号早川停車場線
  • ・神奈川県道740号小田原湯河原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。