山梨県石和温泉店|金券自販機アクセスステーション:金券自販機 アクセスステーションのWebサイトです。

設置場所募集 自動販売機を設置しませんか? 空きスペースを有効利用

金券自販機アクセスステーション

山梨県|金券自販機アクセスステーション

石和温泉店

住所

〒406-0021
笛吹市石和町松本177-8

JR石和温泉駅 徒歩1分

緊急連絡先

055-232-5696

営業時間

24時間 年中無休

あずさ特急券
甲府発着あずさ特急券--
切符
JR線石和温泉発着--
高速バス
石和温泉発着高速バス--
プリペイドカード
図書カードテレホンカードクオカード
商品券・ギフト券
スーパーマーケット商品券--
レジャー券
入浴券--

町(山梨県 笛吹市)の豆知識

石和町

石和町(いさわちょう)は山梨県東八代郡にあった町。2004年10月12日に石和町を含む周辺6町村と合併して笛吹市になった。

目次

1 地理
1.1 隣接している自治体
2 歴史
2.1 沿革
3 行政
4 経済
4.1 産業
5 姉妹都市・提携都市
6 地域
6.1 健康
6.2 教育
7 交通
7.1 鉄道路線
7.2 道路
7.2.1 高速道路
7.2.2 一般国道
7.2.3 都道府県道
8 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
9 出身有名人
10 関連項目
11 外部リンク

地理

県中央部、甲府盆地の北縁に位置する。北東から南西にかけての帯状町域で、北部は北西端が大蔵経寺山山麓にかかる。南部は笛吹側の氾濫原で、町域中央を笛吹川が貫流する。

隣接している自治体

甲府市
東八代郡:一宮町、御坂町、八代町、境川村
東山梨郡:春日居町

歴史

大蔵経寺

町域南部の平坦地の大半は笛吹川氾濫原であるため考古遺跡は少なく、わずかに北部の大蔵経寺山山麓地域や南部平坦地の微高地上に分布している。旧石器時代の遺構・遺物は見られないが、縄文時代では小石和に縄文中期の集落遺跡である横田遺跡をはじめ数カ所の遺跡でわずかな遺構・遺物が確認されている。弥生時代の遺跡では、わずかに弥生後期の集落遺跡などが確認されている。

古墳時代には盆地南部の曽根丘陵地域において古墳文化が展開し、古墳前期にはヤマト王権の影響を受けた前方後円墳である甲斐銚子塚古墳をはじめ大型古墳が築造され、5世紀代には古墳の築造は盆地各地へ拡大する。6世紀代には盆地北部や北東部において横穴式石室を持つ中小規模の後期古墳や渡来人の墓制であると考えられている積石塚が築造されるが、町域でも大蔵経寺山山麓に古墳後期の集落遺跡や積石塚が分布している。

律令制下においては甲斐国山梨郡に属し、町域は石禾郷・表門郷に比定され、笛吹市一宮町の松原遺跡からは「石禾」銘を持つ墨書土器が出土している。奈良・平安時代の遺跡は大蔵経山山麓や笛吹川右岸地域に30カ所程度が確認されている。

平安時代には石和荘・石和御厨が成立し、平安後期には甲斐源氏の勢力が進出し、源頼朝の信任を得て甲斐国守護となる武田信光は石和御厨を根拠地とし、市部に居館を構えた。また、平井清隆や河内義長ら甲斐源氏の一族も町域に拠っている。信光子孫の石和流武田氏は鎌倉時代に甲斐守護を維持できなかったものの、石和は政治・経済的中心地として栄え、時宗勢力も甲斐における布教の中心地としている。

八田家書院

石和系武田氏は鎌倉末期に守護在職が確認される政義が南朝側に荷担して敗死したため、甲斐国守護は安芸国から入府した信時流武田氏の武田信武が掌握した。以後、甲斐国では守護武田氏と国人勢力との抗争が続くが、室町時代には武田信重が小石和を本拠にしており、居館跡には成就院がある。甲斐統一が進む信昌・信縄期まで石和は武田氏の本拠地となっていたが、甲斐統一が達成される信虎には川田館から躑躅ヶ崎館(ともに現在の甲府市)に居館が移転される。武田氏が戦国大名として領国拡大を進める晴信(信玄)期には、市部出身と言われる高坂昌信(春日虎綱)や蔵前衆となった末木氏らが武田氏家臣団に加わっている。

武田氏滅亡後、甲斐国は徳川氏、豊臣系大名、徳川氏の再領と領主が変遷し、町域でも各時代の支配文書が残存している。近世には19か村が存在し、江戸時代には松木・山崎の2か村が甲府徳川家の甲府藩領で、他の17か村は幕府直轄領または笛吹以東の山梨・八代郡域で設定された旗本領に含まれており、町域には石和代官所が設置され、宝永元年(1704年)に柳沢氏が甲府藩主として受封されるまで代官平岡氏による在方支配が行われる。甲府藩は柳沢藩主時代を経て享保9年(1724年)に廃藩となり、甲斐一国は再び幕府直轄領化され甲府勤番による町方支配と三分代官による在方支配が行われ、町域には石和代官所が置かれた。また、国中三郡に設定された御三卿領のうち、町域では2か村が田安家領に含まれている。

近世には甲州街道の宿駅である石和宿を中心に宿場町として発展し、青梅往還や秩父往還など脇往還の分岐する峡東地域における一中心地であった。町域では笛吹川扇状地における米麦栽培や養蚕、木綿・果樹栽培が行われ、近津堤の造成など治水事業が行われ新田開発が促されるものの、笛吹川の水害は江戸時代を通じて続いた。町域の村々では米倉騒動や太枡騒動など江戸中後期の百姓一揆でも参加者を出し、天保7年(1836年)の天保騒動では打ちこわし被害を受けた。幕末には横浜開港に伴い、甲州屋忠右衛門など後の甲州財閥の前身となる投機商が活躍する。

近代には中央線の開通に伴い石和駅(現石和温泉駅)が開業し、養蚕・蚕糸業が発展する。1907年(明治40年)の明治40年の大水害では特に被害の大きい地域で、復旧は大正期に至るまで町政の課題となった。戦後は養蚕からブドウ・モモを中心とする果樹栽培に移項し、石和温泉や観光農園など観光業も主軸となっている。

沿革

1875年(明治8年)
東八代郡
広瀬村、四日市場村が合併、玉田村が発足。
市部村、川中島村、窪中島村、八田村が合併、鵜飼村が発足。
上平井村、下平井村、中川村、国衙村、成田村が合併、英村が発足。
井戸村、今井村、唐柏村、小石和村、河内村、砂原村、東油川村、東高橋村が合併、富士見村が発足。
東山梨郡
国府村、鎮目村、徳条村、松本村、山崎村が合併、岡辺村が発足。
1879年(明治12年) - 岡辺村が岡部村に名称変更。
1889年(明治22年)7月1日 - 市町村制施行。玉田村、鵜飼村が合併、石和村が発足。
1903年(明治36年)8月10日 - 石和村が町政施行、石和町が発足。
1956年(昭和31年)3月20日 - 英村を編入。
1956年(昭和31年)9月30日 - 岡部村を編入。
1957年(昭和32年)3月20日 - 国衙、成田地区が離脱、御坂町へ編入する。
1957年(昭和32年)9月1日 - 国府、徳条、鎮目地区が離脱、東山梨郡春日居村へ編入する。
1959年(昭和34年)4月1日 - 富士見村を編入。
2004年10月12日に、同郡御坂町、一宮町、八代町、境川村および東山梨郡春日居町と合併して笛吹市(ふえふきし)となった。合併後の人口は約7万1000人。

行政

町長
天野建(~1990年)
石原昭夫(1991年~2002年)
荻野正直(2002年~2004年)

経済

産業

主な産業
産業人口(2000年国勢調査)
第1次産業:1,189人(8%)
第2次産業:3,620人(25%)
第3次産業:9,582人(67%)
計:14,391人(100%)

姉妹都市・提携都市

ドイツの旗ドイツ連邦共和国バート・メルゲントハイム

地域

健康

平均年齢(2000年国勢調査)

38.9歳
男 37.5歳
女 40.2歳

教育

交通

鉄道路線

石和温泉駅(背後に大蔵経寺山)

中央本線

石和温泉駅

道路

高速道路

中央自動車道
一宮御坂インターチェンジ

一般国道

国道20号
国道140号
国道411号

都道府県道

山梨県道22号甲府笛吹線
山梨県道310号小石和市部線

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

八田家書院(八田家御朱屋敷)

出身有名人

甲州屋忠右衛門
深沢七郎(小説家)

駅周辺

石和温泉への最寄り駅と同時に笛吹市の中心駅。2004年の合併までは駅名と同じ石和町の中心駅であった。

石和温泉観光協会駅前案内所
足湯
山梨県道208号下神内川石和温泉停車場線
自転車駐車場
石和サティ
JAふえふき岡部
石和駅前郵便局
石和温泉
笛吹市役所 (旧石和町役場)
国道140号
アピタ石和店
太平洋セメント甲府サービスステーション
WINS石和
アリア・ディ・フィレンツェ - 甲府市川田町アリア
FM-FUJI本社

当駅南口(基本的に出口は南側のみ)は敷地の割りにタクシーの客待ちや、周辺の温泉街の送迎車、マイカーによる送迎など車が大変多く、特に休日は駐停車すらできないことも多々ある。笛吹市は混雑解消のためロータリーを含む駅前広場を整備しており、2008年4月1日に足湯などの設備が完成・供用開始された。

歴史

石和駅は明治36年6月に塩山駅、日下部駅(山梨市駅)とともに開業。中央線の敷設に際して山梨県では上野原-鳥原間に12カ所の停車場の設置が内定していたが、このうち笹子トンネルを越えた初鹿野から甲府間の停車場は未定で、笹子以西の予定路線は盆地北縁を北西に迂回し、上万力で笛吹川を渡河し青梅街道と平行して西南へ進み、東山梨郡岡部村松木付近で屈曲してさらに西進し甲府へ至る東山梨郡・西山梨郡を通過するルートが想定された。

石和は江戸時代に甲州街道の宿駅である石和宿を中心とする宿場町として発展し、石和代官所が置かれ、鎌倉街道や秩父往還など脇往還が分岐し笛吹川を利用した舟運も行われている峡東地域における一中心地であった。明治期にも石和村に東八代郡の郡役所が設置され、一帯では養蚕蚕糸業が盛んで、ブドウなどの果樹・瓦などの特産物を産出していた。中央線の予定路線が東山梨郡を通過しないことが判明すると、地元では特産物や製糸工場への石炭輸送の必要性から、予定路線が石和村に最も近接する岡部村に停車場を誘致する運動がおこり、石和村や岡部村をはじめ関係する東山梨・東八代両郡の諸村が合同で上申書を提出した。なお、東八代郡でも勝沼と関係の深い東部の諸村では運動に参加していない。

石和駅が開業した当時には笛吹川流路が駅舎のある岡部村(現駅舎と同位置)と甲州街道石和宿(現在の国道411号)の中間地点(現在の第二平等川付近)を東西に流れており、石和宿から笛吹川を北に渡った対岸の石和駅という名称は、駅舎の位置が石和宿に近いことから名付けられたものであった。開業から4年後の明治40年には東郡地域を中心に県下に多大な被害を及ぼした明治40年の大水害が発生し、笛吹川は石和宿の南側を東西に流れる現流路に変わっている。

中央線の開通は石和をはじめ山梨県内の各地域へ大きな影響を与えるが、石和駅の開業による鉄道輸送の開始は養蚕・蚕糸業の更なる発展を促し、桑畑や製紙工場が増加し、果樹栽培も拡大した。一方、鉄道輸送の増加は陸上輸送や舟運、旧宿場での旅宿業の衰退を及ぼしている。また、中央線の開通は甲府を中心とする商業圏を確立させ、石和は峡東の一中心地としての役割が低下するとともに、甲府商業圏との関係を強めることになった。

戦後には養蚕業が衰退し、果樹栽培と石和温泉を中心とする観光業への依存を強め、石和温泉駅周辺も観光都市の玄関として道路整備が行われ、旅館街となっている。

1903年(明治36年)6月11日 - 国有鉄道中央線初鹿野~甲府間開通時に、石和駅(いさわえき)として開業。一般駅。
1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定により、中央東線(後の中央本線)所属駅となる。
1985年(昭和60年)3月14日 - 荷物の取扱を廃止。
1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本・JR貨物の駅となる。
1993年(平成5年)4月1日 - 石和温泉駅に改称。
1999年(平成11年)7月16日 - 貨物列車の設定廃止。
2004年(平成16年)10月16日 - 自動改札機設置、Suicaの利用が可能となる。
2007年(平成19年)3月1日 - 指定席券売機設置。

隣の駅

東日本旅客鉄道
中央本線
春日居町駅 - 石和温泉駅 - 酒折駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。